楽しく働くなら興味のある仕事を探す!

長く仕事を続けたいのであれば、やってみたい事、興味がある事、好きな事を仕事にしたほうが楽しく続ける事が出来ます。運転が好きな人はタクシー運転手などおすすめです。

施工管理・保育士に関する求人情報

面接

資格を取ろう

施工管理の仕事に就きたい場合は、資格を取得する事で収入アップに繋げることが出来ます。中には資格が無いと、書類選考すら通らない企業もありますので、求人情報は細かいところまでチェックしましょう。

もっと読む
女性

未経験でも雇ってくれる

保育園によっては、働きながら資格の取得が目指せるところもあります。現場で働きつつ、資格を取ってスキルアップを目指す事も可能です。求人を探す際には、必ず未経験でも可というのを必須条件にして検索するようにしましょう。

もっと読む

タクシー運転手の働き方

タクシー運転手は、基本的に正社員での雇用しかないのではないかと思われがちですが、そんな事はありません。定年退職をした後にタクシー運転手になる高齢者の人や、子どもが学校に行っている間だけ働く女性ドライバーなど、アルバイトとして雇っているところもあります。

タクシーとハイヤー「働き方の違いを比較」

タクシー

タクシーは基本的に流し営業となっており、運転している最中に乗車希望の方がいれば車を停めてお客様を目的地まで運ぶ仕事になっています。

ハイヤー

タクシーと違ってハイヤーの場合は流し営業はせず、営業所で連絡がくるまで待機しておきます。連絡があるとお客様の元へと向かい、目的地まで運ぶという仕事内容になっています。

年収を稼ごう!タクシー運転手に関する資格の取得方法

運転手

タクシー運転手になるために取得するべき資格

タクシー運転手になるには、必ず二種免許を取得する必要があります。受験資格は21歳以上で、なおかつ第一種免許を取得してから3年経過していなくてはいけません。また、地域によっては地理試験が必要となる場合もありますので、日本交通など働きたい会社が決まっている場合は、事前にどんな資格が必要なのかチェックをしておくと安心です。

タクシー

二種免許資格の取得方法

日本交通のタクシー運転手になりたいのであれば、第一種免許だけではなる事は出来ません。タクシー運転手には、必ず二種免許資格が必要になります。学科試験と技能試験を受けて合格しなくてはいけない他、応急救護処置講習と旅客者講習の2種類の講習も受ける必要があります。

運転手

基本的なタクシー運賃の仕組み

日本交通のタクシーは、時間距離併用運賃を導入しているため、時速10km以下の走行・停止の場合には90秒毎に80円の加算となります。そのため、信号待ちをしている間でも料金が加算されていきます。また、無線配車の場合は、送迎料金が410円加算されますので、何か疑問点があれば先輩タクシー運転手に確認しましょう。

タクシーの模型

転職する前に給与形態をチェック

タクシー運転手の給与形態は、一般的に基本給と売上に応じた歩合給で決まります。売上の50~60%が歩合給となるため、自分がどれだけ頑張ったかによって年収が変わってきます。そのため、必ず転職をする前に基本給と歩合給はどれくらいなのかというのを確認しておくと安心です。

転職する前に働き方・給与形態が分かれば安心

どの会社に転職するにしても、事前に雇用形態や給与形態などを必ず確認しておきましょう。そうすれば、安心して働く事が出来ます。

[PR]
日本交通の求人情報が載ってる!
転職を検討しているなら必見!